石巻商工信用組合
金融機関コード:2061
HOME  >  信用組合とは
預金商品 融資商品 各種サービス・その他業務のご案内
キャッシュカード等紛失・盗難時の緊急連絡先

信用組合とは

信用組合とは

信用組合は、協同組合組織による、組合員の為の「相互扶助の精神」「自助の精神」「平等の原則」「非営利組織」並びに地域密着を基本理念とした協同組織金融機関です。
地元の中小零細事業者や住民の方々が組合員となって、お互いに預金し合い資金を利用しあうことで、金融の円滑化と経済的地位の向上に寄与すると共に、組合員の方々とのコミュニケーションを大切にし、心と心が通じ合い一人ひとりの顔が見えるキメ細やかな取引を目指している金融機関です。
尚、組合員以外の方もご利用いただけますので、詳しくは各営業店窓口までお問合せ願います。

組合員

当組合は、地域でのお取引先(組合員)の事業の発展や生活の質の向上に貢献するため、お取引先の利益を第一に考えることを経営の基本としております。
組合員資格は、中小企業等協同組合法及び当組合定款により、当組合営業エリア内にお住まい、もしくはお勤めの個人の方、又は当組合の営業エリア内に事業所をお持ちの中小企業・個人事業主の方と定められています。加入資格のある方はいつでも出資をすることで組合員になることが出来ます。尚、法人加入の場合には、一定の資本金、従業員数等の制限がございますので、当組合窓口にておたずねください。

総代会・総代

総代会制度

信用組合は、組合員同士の相互扶助の精神を基本理念に、組合員一人一人の意見を尊重し、金融活動を通じて経済的地位の向上を図ることを目的とした協同組織の金融機関です。組合員の意見は出資口数に関係なく、一人一票の議決権を持ち、総会を通じて組合の経営に反映することとなります。
当組合の組合員数は2万1千名余と、総会の開催は事実上不可能なことから、組合員の総意を適正に反映し、充実した審議を確保するため、総会に代えて総代会制度を採用しております。
総代会は、当組合の最高意思決定機関で、法令・定款・総代選挙規約に従い、公平・公正に選挙・選任された総代により構成されています。毎事業年度終了後の6月中に通常総代会が開催され、決算の報告・承認の他、定款の変更、理事・監事選任等の重要事項を決定しております。


総代の任期と定数および選出方法

総代の任期は3年となっており、定数については定款により「100人以上110人以内」と定められております。また、総代の選出方法および地区別等については「総代選挙規約」に定められております。

総代の任期と定数および選出方法


▲ページトップへ戻る


Copyright(C)ISHINOMAKI SYOKOUSHINYO KUMIAI ALLRIGHT RESERVED